滞留した商品を、
食卓を豊かにする商品へ

三重県
三重県

尾鷲物産株式会社

対象品目:水産物

事業内容:店舗販売

尾鷲物産株式会社
三重県

水産物の総合商社

当社は1972年に地元スーパーの塩干部門が独立して、事業を開始しました。現在では、ブリやマダイの魚類養殖部門、近海延縄鮪船による漁業部門、魚類の加工を行う水産加工部門、小売部門の4つの事業を展開しています。
特に養殖のブリについては、旬である冬季に出荷する自社養殖ブリに加え、夏季に四国の協力生産者さまによって飼育されたブリを「夏ブリ」と呼称し、周年出荷ができる体制を作っています。
当社で加工・出荷している製品は年間約9700トンにのぼり、食品スーパーさまや回転寿司チェーンさまなど、顧客の要望にあわせ多種多様な形での出荷をしてまいりました。

三重県

需要が減って、供給過多に

外出自粛や消費の停滞は、水産物への大きな打撃に繋がっています。とくに観光産業や外食産業の低迷は、水産物の出荷量が激減しただけではなく、相場価格の低下も引き起こしました。養殖ものの魚は、需要が減ったからといって生産や供給を減らせるものではありません。しかしながら現実問題として出荷量は減り、何も対策をしないままだとブリは25%から30%ほどの供給過多になってしまうだろうという懸念がありました。
当社としても、他の水産会社さまとともに、大手コンビニチェーンさまのもと、タイを使用した特別商品を作り、流通を促進するなど様々な対策に取り組みました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の第3波が到来し、再び水産物業界に深刻な影響が出始めてしまいました。
一部の事業者さまによっては出荷量が前年比40%まで落ち込んでしまうなど、先の見通しが立たないような状態でした。

三重県

消費者にとって、
手にとりやすい商品を提供

ブリやタイなどの魚類は、豚肉や鶏肉などの食肉と比べ、どうしても単価が高くなってしまいます。そこで今回の取り組みでは、外食を控えなくてはならない消費者のみなさまにとって、特売のお魚に加え、刺身の盛り合わせなど、ご家庭でも簡単にお楽しみいただけるような形や価格で提供することができました。
出荷先のあるスーパーさまからは、夕方までに完売したという嬉しい報告をいただくことができました。当社が懸念していた水産物の供給過多という予測も解消することができ、売上自体も前年を上回ることができました。今後も品質や価格、食の供給の安定化という観点から事業に取り組んでまいります。

INTERVIEW